「超」図書館法

ある図書館で
初めて来訪した人に教えていた方法である。

いきなりカードで検索するのではない。

まず、だいたいのあたりを付けて、
開架してある本棚へ探しに行く。
本棚で、見つからなければ、
初めてカードで検索する。

野口悠紀雄先生の著書にある
「超」整理法と、
「図書館方式」を合体させたものだ、と思う。

強力な方法だ。

上記で説明した方法は、
必ずしも正確ではない――。

司書さんが、初来訪者に説明しているのを、
私が、ちゃんと聞き取れなかったからだ。

残念。

私は、聞き逃して、30分ぐらい悩んでいた。

もう一度、司書さんに聞けばいいわけだけれど、
「超」図書館法の図書館は、
もう潰れてしまった。

残念。

投稿者 : 城田 博樹

広告

2件のコメント

カテゴリー: ブログ

「超」図書館法」への2件のフィードバック

  1. 「超」図書館法の図書館で働いていた司書さん達が、
    他の図書館に行っても、
    「超」図書館法を継承していてくれれば良いのだが…。

  2. 「超」図書館法は、その司書さんしか、
    教えていなかったのです。そのとき。
    初来訪者に「超」図書館法を教えたあと、
    奥へ引っ込んでしまったのですよ。
    (帰ったのかも)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中