カテゴリー別アーカイブ: ブログ

カサブランカ

「これですか?
“カサブランカ”って花」

「そう」

「いい花ですよネ! 百合の一種でしょ?」

「Sくん、何でも知ってる!」

「さっきから、
葉っぱに水をあげてますよね?
根もとに水をあげたほうが、
いいんじゃないんですか?」

「どうしても葉っぱにあげちゃう!」

「気持ちは、よーく分かります!」

投稿者 : 城田 博樹

広告

1件のコメント

カテゴリー: ブログ

おんな色

確かに、昔、あったよね?

おとこ色、おんな色って言葉。

ベビー服は、
男の子は、おとこ色の青系統の色。
女の子は、おんな色のピンク系統の色。

完全に決まっていた。

異変が起きたのは、
私が30歳の頃からだ。

水色のランドセルを
背負った女の子が登場し始めたのだ。

ランドセルは、昔、
男の子は黒、女の子は赤が、普通だった。
当たり前だったのだ。

なぜ、女の子が水色の
ランドセルをするようになったのだろう?

女の子達は、
水色のランドセルが、
似合っている。

男の子が、水色のランドセルを
しているのを見たことはない。

「水色」は女の子の色になったのだろうか?

おとこ色、おんな色なんてことばかり考えてる私は、
バカだろうネー。

投稿者 : 城田 博樹

1件のコメント

カテゴリー: ブログ

接点病気

後輩のIさんが、
「『接点』病気」にかかっている。

難病だ。

絶えず人と「接点」を持っていないと、
不安になってしまうのだ。

100人以上、mixiのマイミクがいるのに、
Iさんは、ひとり減ったぐらいで、気にしてしまった。
ひとり減って、キレたのだ!

「ひとり」とは、私のことだ。
Iさんとのマイミクを切ったのだ。
アクセス・ブロックも行なった。

Iさんが、
あちこちで私を追いかけまくる結果となった。

ソーハラ(ソーシャル・ハラスメント)
という現象が最近あらわれたという。

部下に「いいね!」を強要する上司がいるらしい。

私も、
後輩に、フェイスブックに入れ、と
強要してしまったことがある――。

危ない、危ない…。

もうちょっとで、ソーシャル・ハラスメントをおこすところだった!
危険だネ!

投稿者 : 城田 博樹

1件のコメント

カテゴリー: ブログ

「超」図書館法

ある図書館で
初めて来訪した人に教えていた方法である。

いきなりカードで検索するのではない。

まず、だいたいのあたりを付けて、
開架してある本棚へ探しに行く。
本棚で、見つからなければ、
初めてカードで検索する。

野口悠紀雄先生の著書にある
「超」整理法と、
「図書館方式」を合体させたものだ、と思う。

強力な方法だ。

上記で説明した方法は、
必ずしも正確ではない――。

司書さんが、初来訪者に説明しているのを、
私が、ちゃんと聞き取れなかったからだ。

残念。

私は、聞き逃して、30分ぐらい悩んでいた。

もう一度、司書さんに聞けばいいわけだけれど、
「超」図書館法の図書館は、
もう潰れてしまった。

残念。

投稿者 : 城田 博樹

2件のコメント

カテゴリー: ブログ

ポートピア現象

もう何年前の話になるだろう?

神戸で、「ポートピア」が開催されていた頃だ。

毎日、
新聞に「ポートピア」への、前日の
「来訪者数」が
掲載されていた――。

新聞から
読み取れることは、

(1)日曜日に来訪者数が少ない。

(2)雨の日に来訪者数が多い。

ということだった。

「混むのを避けよう」、と考えての結果だろう。

私は「ポートピア現象」と呼ぶことにしている。

皆、考えることは同じだったのだ。

ただ、
それだけの話だ。

ただ、
それだけの話だったのだ。

投稿者 : 城田 博樹

1件のコメント

カテゴリー: ブログ

面白いよ、観てみ!

居間のテレビの横に
私のパソコンが置いてある。

困っていることがある。

母が、居間のテレビを見ながら、
反応することだ。

例えば、
「ふーん!」
「へーえ!」
「そうそう!」
などと。

テレビを観ないことしている私には、
うるさくてしょうがない。

耳栓をしていても、聞こえてくる――。

究極には、私に
「面白いよ、テレビ、観てみ!」と言う。

母が、自分で勝手にテレビを見るのは
もう咎めない――。

私を引き込むことは、ないだろう!

投稿者 : 城田 博樹

1件のコメント

カテゴリー: ブログ

どうなってるのかと、思っちゃった!

あるお正月。

いとこのS子ちゃん夫婦が、
我が家にやって来た。

近くの神社へ、
初詣に行こうということになった。

参拝をすませて、
神社の外にあるトイレへ、
S子ちゃんの旦那と俺が入った。

出て来た俺たちに、
S子ちゃんは言った――。
「こういう所のトイレって、
どうなってるのか、
前から疑問だったの。
二人とも出て来たから、
中を見ていい?」


「いいよ」

S子
「あっ、ああー。
『単なる壁』なのネ。
私、どうなってるのかと、思っちゃった!」


「納得?」

S子
「“大”納得!」


「“大”が付くのか! 納得に!」

投稿者 : 城田 博樹

1件のコメント

カテゴリー: ブログ